[an error occurred while processing this directive] リードメールで稼ぐ〜内職魂!〜

HOME >リードメールで内職(ネットで稼ぐ方法)

リードメールで内職

リードメールとは?(この部分は2014年改定)

海外ではペイドメールの呼び名で親しまれ、お小遣いプログラムの一つとして認知されています。

日本ではリードメールの名で浸透し(リードメールは日本で作られた造語)、最盛期には国内で100以上のサイトが運営・活動されていました。

草創期、成長期、飽和時期、そして衰退、ここ10年のお小遣いプログラムにおいて激動だったジャンルの一つです。

激動の末に生き残った幾つかのサイトがしのぎを削っています。

それでもかつての勢いと比べると厳しいのが現状。

昔の単価と比べるとかなり下がっているので、手間の割に稼ぎが微妙になってしまっています。

他ジャンルの上位を登録しつくして、それでも片手間が余るという方が登録するジャンルかもしれません。

もしくは、メール受信系が好きでコツコツ広告クリックでポイント稼ぎしたいという方にはオススメ。


どのようにして報酬を稼ぐのか?

配信されてくる広告メールに記載された定められたURLより移動したサイトを一定時間閲覧することによって、報酬を得ることが出来ます。

他にもサイトに訪問し、サイト上に掲載されている広告を見て報酬をもらうPTC(※1)というものもあります。

サイトによってはサーフ広告というものもあります。

会員が専用のURLからサーフ広告を閲覧すると、設定されている広告サイトが一定時間ごとに切り替わって報酬を得られる広告です。

※1PTCとは、Paid to Clickの略称でリードメールサイト内にあるクリック広告のこと。


他のジャンルとの違いは?

リードメールの最大の特徴は、多段階の紹介システムを採用することでダウンライン報酬を得られることです。

紹介された人が獲得した報酬の何%かが、紹介した人にダウンライン報酬として加算されます。

例えば、下記バナーより「流石めーる」に訪れて貴方がサイトに登録してくれたとします。


流石めーる

この場合、貴方は私のダウン※2となります。

流石めーるのダウンライン報酬の設定は20%-2%-1%の3段階なので、貴方がメール閲覧等をして得た報酬の20%が私にボーナスとして付与されることになります。

この紹介システムを使えば、自力で稼ぐ分に加えてさらに大きく稼ぐことも可能になります。

ダウンライン報酬の設定はサイトによって違い、大体2段階から10段階まであります(中にはダウン報酬の設定がないサイトもあります)。

※2一般的に紹介した人のことを「アップ」といい、紹介された人のことを「ダウン」と言います。


紹介報酬以外の違いは?

個人で運営するサイトが多いのも特徴の一つです。

法人化されているサイトもありますが、多くのサイトが個人で運営されています。

そのため、営業時間がサイトによって大きく違ったり、運営者の事情によって突然お休みすることもあります。


登録の際に必要なものは?

獲得した報酬を換金するために、銀行の口座は必須。

楽天銀行と住信SBIネット銀行を用意しておけば、ほぼ全てのサイトの換金に対応できるでしょう。

口座以外にも用意しておきたいのがフリーメールアドレス。

トップクラスのサイトになると、配信数が日平均数十通を超える場合があります。

そのため、登録時にフリーメールアドレスを使った方が良いです。

出来れば、リードメールサイト専用のアドレスを作られたほうが良いと思います。

フリーメール禁止のサイトや一部禁止のサイトもあるので、その点登録時に注意が必要。

後はパソコンなどを守るためにもウィルス対策はきっちりしましょう。


←左メニューにてリードメールサイトを紹介しています(2014年2月改訂)

左メニューのサイト名をクリックすると、こちらにサイトの詳細・ポイント獲得方法が表示されます。

上部から順に管理人のおすすめサイトになっています。

以前はリードメールもメール受信やサイト訪問のジャンルと同じく5段階のランク制度を導入していました。

最盛期は活況があったジャンルでしたが、衰退した現在では5段階という細分化の必要性がないほどに縮小しました。

5段階を廃止し、リードメールでは下記のように評価をさせていただきます。

評価に対して考慮した点は、サイト規模、会員数、実績、自力換金への期間、最低支払額、支払までのスピード、イベントの有無などです。

殿堂(リードメールにおける最高評価)

長期間リードメール業界を引っ張ってきたサイトであり、同ジャンルではトップクラスという評価。


安定

ここに分類されるサイトは実績があり、比較的安定飛行を続けているリードメール。

分類された時点では支払遅延もなく、自力換金が十分可能と思われるサイトです。

中にはモバイルサイトも含めた評価になっているサイトもあります。


サブ

ここに分類されるサイトは稼ぎは少なめですが、サーフで稼げるなどメインではなく主にサブ扱いとして登録するサイト。

サーフは専門のサイトがあるので、そちらの上位を登録してなお余裕がある方はチェックしても良いかも。


要注意

自力換金までの道のりが遠い、支払遅延の噂があるなど、運営しているものの、登録はあまりオススメできないサイトを分類。


リードメールは好調だとしても突如として要注意サイトになってしまう可能性もあるので、評価はあくまで参考程度で見ていただければ幸いです。

リードメールの各評価は2014年2月時点で再評価させていただいています。


閉鎖・サービス終了サイトについて

内職魂ではアーカイブとして閉鎖・サービス終了したサイトの情報も掲載させていただいています。

↓下記のリンク、もしくは→右側のメニュー「リードメール閉鎖一覧」でサービス終了したサイトの情報が確認できます。

リードメール閉鎖一覧